読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英文を読む

大学はいかなくても受験英語は日本人すべての必須科目

CHAPTER3 受動態・There is構文・「強調構文」  SECTION3-2

主題と情報構造から見たThere is 構文の役割 Thereは具体的な内容を持たない主語で主題であります。それは付加疑問をつけたときにThere is ....isn't there?となることからわかりますね。 では、主題が無内容ということはどういうことでしょう? それは 「以…

CHAPTER3 受動態・There is構文・「強調構文」  SECTION3-1

これまでは、主語S以外のものが節の先頭に置かれると、その節に託した書き手のメッセージが大きく変わることを説明しました。 CHAPTER3では、受動態・There is構文・「強調構文」の文法は中学・高校で学んできたのですがその存在理由、情報構造における役…

CHAPTER2 主語S以外のものが主題になる場合  SECTION2-3

M2 V S の語順 C V S の語順 a) M2 V S の語順 副詞要素M2の後にS Vとくるのは前にも話しました。 今日は先に動詞Vが来て主語Sが続く場合を取り上げ、それがどのような情報構造上の違いをもたらすのか考えたいと思うのです。 ①At stake, then, is how this "…

SECTION 2-2 補足

目的語Oが主題になるレアな構造をもう一つ発見いたしましたので、前回の記事と合わせて読んでもらえれば幸いです。 kenji-tokuda902.hateblo.jp 第3文型でありながら、O S V の語順をとります(もちろんOとSの間に関係代名詞が省略されているわけではありま…

CHAPTER2 主語S以外のものが主題になる場合  SECTION2-2

主語S以外の主題ー 目的語O 目的語が主題語の位置に来るのは極めてレアであります。M2が主題に来る以上にめだちますから強烈な色彩を放つといえるでしょうね。このインパクトは2通りあります。 強いコントラストを示す 強い前景化をもたらす まず、強いコン…

CHAPTER2 主語S以外のものが主題になる場合  SECTION2-1

主語S以外の主語①- 副詞要素M2 この場合、M2 S V と M2 V S の2通りありますがここでは前者のM2 S Vについて書きます。個の語順の機能はふたつあります。 (A)コントラストを示す (B)ローカルな文脈を設定する (A)の例文から見てみよう! ①For Eng…

CHAPTER1主題・主語の情報構造  SECTION1-3

受験勉強と社会とのつながり 英文の読解では、まずセンテンスの構造を捉える必要があるのは確かですが、果たしてそれだけで内容理解に至るのでしょうか?大学受験では、たとえ優れた文章が出題されたとしても内容理解に至ることなくテクニカルな見事な和訳で…

CHAPTER1主題・主語の情報構造  SECTION1-2

接続語句と法副詞が主題の位置にフィットする場合 接続語句というのは等位接続語and/ but/ or/ forなどですよね。それではあまり耳慣れない言葉ですが法副詞とは何でしょう? 端的に言うと書き手の判断の強弱だといってよいでしょう。 可能性を示すものなら …

CHAPTER1主題・主語の情報構造  SECTION1-1

主題としての主語S まず、節における語順とそのメッセージ・特長を押さえておこう。 この図は英論文を読み解くうえでかなり重要なのです。自然に身につくまで事あるごとに戻って確認するのもよいでしょう。 まず、主題というのはすべて節の先頭におかれる。…

スーパー英文法 PartⅠ

PartⅠで取り上げるのは主題選択と情報構造についてです。読むことにおいて念頭に置くべきは文(sentence)ではなく節(clause)である。その理由を知るためには次の2文を検証してほしい。 ① Buddhism, which is said to have entered Japan in the sixth centur…